Enter Site | スキップしてメインページにいく

*(For background music click here./BGMをONにするにはこちらをクリックしてください。)

The year was 2007. I just finished the photo diary project called My Little Dead Dick with my lover at the time… I was completely burned out. I no longer wanted to expose my life (or my penis) anymore.
2007年、ぼくは当時付き合っていた彼女と共作したMy Little Dead Dickという、ぼくらの生活を赤裸裸に写し出したプロジェクトをちょうど終わらせたところで、本当に疲れきっていました。そして、自分の生活(と、ぼくのおちんちん)を作品として発信することにうんざりしていました。

One day I came up with the idea to document the madness and wonders of China leading up to the Olympics. Behind the dirty, rough exterior, which most visitors only seem to notice, was actually something very beautiful and exciting, which I wanted to share…
でもある日、オリンピックを目前とした中国の狂気と奇妙な部分を記録する、というアイディアを思いつきました。ぼくは、中国を訪れた人たちがまず最初に目の当たりにする、汚く荒れ果てた外観の裏側にひそむ部分が、一番きれいで刺激的なものだと思って、それを是非みんなに見せたいと思いました。

At the same time, I wanted to prove to myself that I could be a serious photographer. I hung a rangefinder camera around my neck and even bought a camera bag. In the end, I looked like a dork, but I was ready.
その頃ぼくは、プロの写真家だと思われたかったので、大きなレンジファインダーカメラを首からぶら下げ、カメラ用カバンまで揃えました。見た目はオタクのようだったけど、ぼくは新しいプロジェクトにむけて準備万端でした。

My new project, Modern Times, was going to be a challenge because up until then, I had only photographed my friends and lovers. I had no idea how to go about shooting strangers. That I would soon find was an art in itself…
今まで、友達や彼女の写真しか撮ってこなかったぼくにとって、この新しいプロジェクト「モダン・タイムス」は初めての挑戦でした。道行く赤の他人を、どのように写真に収めればいいか、全く分からなかったです。でもぼくは、そのプロセスの中で芸術を見いだすことになるのでした….


The first two months were pathetic. Once when I was walking back to the subway station from Fake Disneyland, I took a photo of two men on a motorcycle. Immediately they began yelling at me, but I shrugged them off and continued walking. A few seconds later, I looked over my shoulder, and there they were, making a U-turn at the intersection and heading in my direction.
プロジェクトを始めてから最初の2ヶ月間は最悪でした。なんちゃってディズニーランドから地下鉄に向かって歩いてる途中、バイクに二人乗りしている男たちがいたので、その写真を撮りました。男2人はそれに気付き、ぼくに向かって大声で怒鳴り始めました。ぼくは、無視して歩き始めたけど、ちょっとして後ろを振りかえってみたら、ちょうどその二人の男達がUターンしてぼくのほうに向かって来ているのが見えました


Like in the movies, I began to run. By the time I got to the subway entrance, both men hopped off the bike and chased after me. As I ran down the stairs as fast as I could, I hid my camera in my coat pocket in case they were going to break it.
まるで映画のワンシーンみたいに、ぼくは走って逃げ始めました。地下鉄の階段にたどり着いたときには、二人の男たちはバイクから降りて、ぼくの後を走って追いかけてきていました。万が一何か起きた時に、カメラを壊されないようコートのポケットの中に隠して階段を駆け下りました。

The two men caught up and kept pulling my shirt and demanded to know what I was doing. I pretended not to speak Chinese, but was not very good at lying. Eventually the two men gave up. After I had gotten away unscathed, I realized that in order to shoot strangers, you needed to have a tougher heart than the one I had…
ついに、2人はぼくに追いついて、ぼくのシャツを引っ張っり、なんで写真を撮ったか言え!と脅してきました。ぼくは中国語が喋れないフリをしようとしたけど、嘘をつくのが下手なのですぐにバレてしまいました。そのあと、その男2人は諦めて行ってしまったので、なんとか無傷でその場から切り抜けることができたけど、もし見知らぬ人の写真を撮りたいなら、もっとタフにならなきゃいけないと学びました。


When winter arrived, I visited my friends up north in Harbin, which is the coldest place in the country. It was so cold, your piss would freeze as well as your camera.
冬になって、中国で一番寒い場所、ハルビン市に住む友達を訪ねました。すごく寒くて、おしっこすれば凍るし、カメラも凍ってしまうようなところでした。


When the weather got warmer, I took a train to the countryside to the southern part of China. It was the exact same time when the monks were protesting in Tibet and when the government blocked access to the area to everyone. Everyday I saw many army trucks passing by on their way out west for a crackdown.
気候が暖かくなってくると、ぼくは中国の南にある田舎町に向かうため電車に乗りました。ちょうどチベットで僧侶達がデモを行っている時期と重なっていたので、政府はその地域へのヒトの立ち入りを禁止していました。毎日、たくさんの軍事トラックがデモを止めるため西に向かって進んでいくのが見えました。

 
On my first day in the city of Guilin, I went to a famous park and saw many people looking down into a lake. I asked someone what they were all staring at, and that person pointed into the water… When I looked closely and realized it was a naked human corpse, a chill went up my spine, but at the same time, like everyone else, I couldn’t help feeling excited.
ケイリン市を訪れて最初の日に、ぼくは有名な公園に向かいました。そこで、たくさんの人が小さな湖を覗き込んでいるのが見えました。そこにいた人に歩み寄って、何を見ているか尋ねると、その人は水の中を指差しました。よく見てみると、そこに裸の死体があるのに気付きました。ぞっとしましたが、その場にいた人たちのように妙な興奮を感じて、ぼくもその死体から目を離すことができなくなってしまいました。

Right after that dead body incident, my girlfriend and I got invited to a festival in France. It was there I met Ume Kayo. I showed her my photos from Modern Times and we were both amazed how similar our work was. Soon we became good friends even though we could barely understand each other.
その死体事件のあと、ぼくとぼくの彼女は、フランスで行われるアートフェスティバルに招待されました。そこで梅佳代に出会いました。ぼくは梅佳代に、モダン・タイムスの写真を見せました。ぼくらの作品はとてもよく似ていたので、お互いに驚き、その後、言葉もあまり通じないけれど、とても仲の良い友達になりました。

After France, my girlfriend and I broke up and I moved to Japan, so that was the end of Modern Times. In Tokyo, I posted some photos online, but besides the UFO picture, Modern Times did not get a very big response after all that hard work… To be honest, when it was finished, I didn’t really liked the project, and in a way, thought it was a failure…
フランスから帰ってくると、ぼくは彼女と別れて、日本へ引っ越しました。そこで、モダン・タイムスは終わりを迎えてしまいました。東京に引っ越してきてから、モダンタイムスの写真をウェブサイトにアップしたけど、がんばったプロジェクトの割に、UFOの写真以外はあまりいい反応が返ってきませんでした。実際、プロジェクトを終えたとき、ぼくもその出来に満足してなくて、失敗作に終わったと思っていました。

Four years later…
Nanarokusha and I met at a café and they told me they wanted to publish Modern Times. I did my best to convince them to do another project, but they were set on it. I went home and revisited all my photos again. Now older and wiser, I realized that they were right and then grew excited again about the project as well.
それから4年が経ち、ナナロク社とカフェでミーティングをした時に、ナナロク社はモダン・タイムスを出版したいと言ってくれました。ぼくは、他のプロジェクトを出版したほうがいいと勧めましたが、ナナロク社はモダン・タイムスを出版したいと、譲らなかったです。そのあと、家に帰って、モダン・タイムスの写真を改めて見直し、ぼくはナナロク社の決断は正しいと実感しました。前に気付くことはなかったいい写真をたくさん発見して、今まで考えたことはなかったけど、このプロジェクトはとても刺激的なものだと気付かされました。

Nanarokusha gave me a list of designers to choose from, and immediately I knew I wanted the great Yorifuji Bunpei...
ナナロク社は本のデザイナーの候補リストをくれました。そのリストを見て、憧れの寄藤文平さんに、是非デザインしてほしいと思いました。
...and once we heard that his team was on board, we began the slow, exhausting process of making Modern Times into a book...
その後、文平さんチームがデザインすることが決定すると、ゆっくりと、骨が折れるモダンタイムス出版に向けてのプロセスが始まりました….
...and the rest is history…
その後は、皆様ご存知の通り、、、、

THE END 
おしまい 
*Drawings by Yosuke Yamaguchi and Patrick Tsai. Translated by Mari Kojima.

"Modern Times" Photo Book Now On Sale!!

Enter Site | スキップしてメインページにいく